So-net無料ブログ作成

前田敦子、シアターコクーンにて初舞台 [女優]

元AKBで女優の前田敦子さんが4月23日、

蜷川幸雄さんが演出を手掛ける舞台「太陽2068

の製作発表会見でこれからの抱負を話しました。

original.jpg

前田さんにとっては、初の舞台で、

これからどんなふうに自分が変わっていくのか、

楽しみとのことです。


話が来た時は、びっくりして引き受けるかを悩んだそうですが、

違う世界に挑戦したいという意気込みのようです。


挨拶では、言葉を選ぶかのような話し方で、

緊張しているように見えました。


父親役の六平直政さんに「きらめくような親子の愛を描こう」

100706_jeanne_15.jpg

と言われ、少し緊張が和らぎ、笑顔が見れる場面もありました。


共演者とのコミュニケーションもまだまだこれから

といった様子でしたので、

上演が始まるころには、緊張もほぐれて

良い演技ができるとよいですよね。


前田さん自身も共演者とのコミュニケーションは、

重要視しているようです。


仲良くすることで、自分らしさが出していけるとのことです。


「太陽2068」は、ウイルスによって、若く強い肉体と高い知能を持った人々と、

普通の人間に二分された世界のSFです。

前田さんは、普通の人間を演じます。


出演者は主演の綾野剛さんの他に、成宮寛貴さん、

中島朋子さん、伊藤蘭さんですが、

d2943-110-239151-1.jpg20110208_rann_01.jpg

初舞台でどういう絡みを見せるのか、

上演は7月からですが、今からファンの期待が膨らみます。

【関連動画】
前田敦子 初舞台の製作会見で緊張



スポンサーリンク





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。